古典衣服の着装解説講演


古典衣服についての講演


 高田装束研究所では平安時代女房装束(俗称 十二単)姿を中心に、男物では飛鳥、奈良時代朝服や平安時代の束帯、直衣ほか、また女物では飛鳥、奈良時代朝服や平安、鎌倉時代の袿、さらに桃山、江戸時代の小袖そして近世の五衣・唐衣・裳(俗称 十二単)、袿袴ほか数種の宮廷装束の姿を正しく紹介するため、実際に人物に着装し、講演してまいりました。



過去に講演、協力した主なも


 ○
 愛知県立芸術大学 美術学部美術科 日本画専攻において模写実技のため古典装束の着装解説講義、指導
 ○ ハワイ大学特別講義
 ○ コペンハーゲン大学特別講義
 ○ 奈良県万葉文化館(万葉ミュージアム) 万葉歌をモチーフにした新作日本画収蔵展示のため『高松塚古墳壁画(飛鳥時代末期)男女貴族の服装』『奈良時代 男女朝服』ほか資料提供、着装解説講演、指導
 ○ 東京農工大学工学部附属繊維博物館 「インド染織品展」 展示貸し出し、協力、特別講演
 ○
 国立能楽堂新春公開講座において、『源氏物語の装束「かさねの色」』と題した女房装束着装講演 
 ○ 梅若能楽学院会館において、『源氏物語への誘い』と題した女房装束着装講演 
 ○ 仙台電力ホールにおいて、『源氏物語への誘い』と題した女房装束着装解説講演
 ○ 東京・日枝神社において、テーマ「知られざる造神宮使庁技師・井上清」について講演。「昭和四年、伊勢神宮式年遷宮に際し、高田家、高田義男による一切の祭器儀式品、御神宝、装束調進は、井上氏のご活躍によるものである」と提言。 
 ○ 奈良県新公会堂能楽ホールにおいて、当研究所が復元いたしました、飛鳥時代高松塚古墳壁画の服装や、奈良時代朝服を着装し、当所長が上代の服装について学術的に講演いたしました。(主催 奈良県・(財)なら・シルクロード博記念国際交流財団/ シルクロード学研究センター ・日本経済新聞社)

 ○ 国立能楽堂 特別企画講演において、『源氏物語の装束』と題した女房装束姿、袿姿、壷装束姿の着装解説講演
 ○ 四日市市文化会館において、国立能楽堂企画・新作能「額田王」の装束(能装束唐織、狩衣)の製作についての講演
 ○ 京都府高等学校国語科研究会において、「平安、鎌倉時代の文学と装束」について、京都府の国語科教諭方々に講演
  東京国立博物館 高校生講座  桃山、江戸小袖(復元)提供、協力
 ○ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 「平安時代後期公家装束(復元)着装・解説・講演」
 ○ 神社本庁研修所主催 神職研修において、「有職織物の継承と装束」と題した解説講演
 ○ 朝霞市博物館 第23回企画展「平安王朝〜源氏物語の時代〜」展示協力・指導 「源氏物語の装束−女房装束着装・解説−」講演 


平安時代後期公家装束(復元)の着装・解説・講演会

 (講演者 高田装束研究所所長 ・ 装束提供、着装 高田装束研究所)

 東京大学駒場 I キャンパスにて 


 女房装束
鎧直垂による講演風景 女房装束姿


 童形服半尻姿・細長姿の着装解説講演も
 美しい装束にて行うことができます
江戸時代末期 (深曽木)着袴の儀 
童形服 半尻姿 復元


 宮内庁御用達・宮中御装束調進
 古典織物・服装復元

 高 田 装 束 研 究 所
 (高田装束研究所は高田装束株式会社の附属研究機関です)

 東京都中央区銀座8丁目14番9号
 電 話 03(3541)1107
 FAX 03(3541)1108


 http://www.takata-courtrobe.co.jp
  
 東京・銀座 高田装束株式会社製作 古典有職織物製品
 
研究所 宮廷装束 T0Pページ
 古典装束(歴史的服装、調度)の復元製作
 博物館委嘱による展示歴史的服装、調度の復元製作
 博物館委嘱による展示歴史的衣服の修補ほか
 古典衣服の着装解説講演
 古典衣服の展覧会ほか展示監修
 古代空引機による正倉院錦の復元製作
 服装史、染織史の研究に関する図書の出版、販売
 高田装束研究所の業績
 宮中内蔵寮御用装束調進方 高田家について

 お断り お電話でのご質問など個人的ご指導はいたしておりません。
 Copyright(c)
 The Takata Institute of Japanese Imperial Classical Costume
 All rights reserved

 このホームページの内容を無断で複写複製することは、著作権の侵害となります。