明治、大正、昭和の高田家 業績

 昭和3年 
昭和度御即位式御装束御儀服等調進




 高田義男は、大正天皇御大葬後、昭和度御即位式御大典の準備に係ることになりました。
 
 御即位式御装束調進に際して、織物の調査研究と並行して、古代の植物染料による染法を研究しており、その成果を織物復元に応用しました。同時に黄櫨染、紅花染そのほかの染色復活が宮内省に認められ、御装束調進に採用されました。(天皇陛下の御束帯黄櫨染御袍地の黄櫨染や、御衵、御単、御表袴、御大口等のための紅花染の復活採用)黄櫨染は、櫨(はぜ)の樹皮を乾燥して煎じ、これに蘇芳(すおう)を加えて、石灰を媒染剤にして染める染色法です。嵯峨天皇の弘仁11年(820)に天皇の御袍の色として黄櫨染が定められ、使用されるようになった由緒ある色でありますが、その染色法は室町時代に途絶えてしまいました。中国の帝王が用いる赭黄(しゃおう)色に従うものとされ、太陽の色を象徴するといわれております。「延喜式」にもその染色法が記されておりますが、染める技術が誰にもわからないため、色々研究、試行し、復活することができました。また下の御着物は紅で染め、そのために山形産の紅花を購入し染色を行いました。
 大正天皇御即位式の記録も残っていたため、御料織物は高田家・東京織工場にて全てが製織され、調進することができました。


 高田義男は宮内省より京都御所紫宸殿に奉任するよう言いつかって、御即位式当日に参殿いたしました。


昭和度御大典香淳皇后御料  香淳皇后御料 昭和度御即位式御五衣・御唐衣・御裳 御唐衣地
 
 昭和三年、高田義男調進
  (文様意匠権 高田装束研究所)

上記映像、文様の転載、流用、2次使用を固く禁じます。許可なく、上記文様、および御装束を使用することはご遠慮下さい。



 宮内庁御用達・宮中御装束調進
 古典織物・服装復元

 高 田 装 束 研 究 所
 (高田装束研究所は高田装束株式会社の附属研究機関です)

 東京都中央区銀座8丁目14番9号
 電 話 03(3541)1107
 FAX 03(3541)1108


 http://www.takata-courtrobe.co.jp
  
 東京・銀座 高田装束株式会社製作 古典有職織物製品
 
研究所 宮廷装束 T0Pページ
 古典装束(歴史的服装、調度)の復元製作
 博物館委嘱による展示歴史的服装、調度の復元製作
 博物館委嘱による展示歴史的衣服の修補ほか
 古典衣服の着装解説講演
 古典衣服の展覧会ほか展示監修
 古代空引機による正倉院錦の復元製作
 服装史、染織史の研究に関する図書の出版、販売
 高田装束研究所の業績
 宮中内蔵寮御用装束調進方 高田家について

 お断り お電話でのご質問など個人的ご指導はいたしておりません。
 Copyright(c)
 The Takata Institute of Japanese Imperial Classical Costume
 All rights reserved

 このホームページの内容を無断で複写複製することは、著作権の侵害となります。