古典衣服の展示監修

 高田装束研究所では、宮廷装束を中心とした古典衣服の展示監修に従事し、実際に衣服の展示作業を行っております。
 数百年続けられている宮中御装束製作の技術と経験、たゆまぬ服装史、染織史の研究、そして宮中内蔵寮御用装束調進資料を基に、当研究所は忠実かつ正確に展示監修作業を行っております。
 特に皇室に伝わる宮中御装束
の解説、扱いにつきましては、実際に製作し、日々研究しております高田装束研究所のものがより正確です。



過去に展示監修、展示協力した主なもの

 
○ 国立歴史民俗博物館第2展示室の王朝装束、調度の夏物、冬物への展示替え指導(毎年)
 ○ 熱田神宮宝物館 特別展覧会「日本の服飾」において古代、中世復元装束の展示貸出協力、御神宝装束執筆解説、指導
 ○ ニューヨーク「皇室展」 展示監修指導
 ○ デンマーク国立博物館主催「日本文化展」展示指導
 ○ 文化服飾博物館「宮廷の装い」展 展示監修、指導

 ○ 福岡市博物館 『装い 日本女性の美 旧吉川観方コレクション』小袖展において当研究所所用「今用御ひいなかた」展示貸し出し、図録解説協力、指導
 ○ 安城市歴史博物館 企画展「古代集落遺跡を掘る」において 当研究所所用「浄衣、袴(復元)」展示貸し出し、指導協力
 ○ 東京家政学院生活文化博物館 特別展「暮らしの中の衣の文化」において当研究所所用 童形装束「菊襲ね 半尻」(有栖川宮家伝来装束復元)ほか展示協力、指導
 ○ 主催神戸市、特別協力宮内庁、神戸ファッション美術館の開館特別展示において「秋篠宮殿下、同妃殿下御婚礼装束」の展示監修、指導
 ○ 長野県立歴史館 秋期企画展「長野県にみる世界の文化」において当研究所所用「正倉院錦」、「 あしぎぬ」、「奈良時代文官朝服」、「室町時代 袿」(復元)の展示協力、指導
 ○ 東京都庭園美術館 特別展示「朝香宮両殿下着用宮廷装束」展示監修、指導
 
○ 大阪市立美術館 展覧会「和の意匠」において当研究所所用「今用御ひいなかた」展示貸し出し、協力
 ○ 協力・宮内庁  「天皇陛下御即位十年記念特別展」において展示監修、指導
 ○ 京都国立博物館 特別展覧会「花洛モード −きものの時代−」において当研究所所用「今用御ひいなかた」展示貸し出し、協力
 ○ 国立歴史民俗博物館 「江戸モード大図鑑―小袖文様にみる美の系譜―」展における試着用 桃山時代小袖、江戸時代小袖復元製作 
 ○ 東京農工大学工学部附属繊維博物館 「インド染織品展」 展示貸し出し、協力
 ○ 明治神宮鎮座八十年記念展「輝かしき明治の美」における朝香宮両殿下御着用御婚儀装束 束帯、五衣・唐衣・裳』展示着装のみ協力、指
 ○ 毎日放送・東京放送系列 皇室アルバム新春特別番組『愛とファッションで世界を魅惑〜皇室の女性たち〜』平成度御即位の礼 皇后陛下御装束、皇太子妃殿下御結婚の儀装束ほか製作に際しての心がまえ、および御装束の「かさねの色」について 協力、資料提供
 ○ 主催 奈良県立美術館 館蔵品展「宮廷服飾 〜みやびの生活美〜」における『大正度御即位式皇族妃殿下御着用装束 五衣・唐衣・裳』ほか特別展示協力、指導、資料提供
 ○ 国立歴史民俗博物館第2展示室
女房装束(冬の料の着装風景、小袿姿(夏の料)等の館内放送における映像ビデオ製作のため、解説、監修協力
 ○ 埼玉県立博物館  企画展示「年中行事絵巻」平安時代後期女房装束、調度(復元)ほか展示協力・指導

 ○ 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 美術博物館(駒場博物館)において「王朝貴族の装束展ー衣服を通してみる文化の国風化ー」展示協力・指導、史料・装束貸出、および展示会場の装束、当方史料の解説担当
 ○ 朝霞市博物館 第23回企画展「平安王朝〜源氏物語の時代〜」展示協力・指導 「源氏物語の装束−女房装束着装・解説−」講演
 ○ 杉並区立郷土博物館・郷土博物館分館 国史跡指定記念特別展「荻外荘」と近衛文麿  装束展示協力・解説作成



 宮内庁御用達・宮中御装束調進
 古典織物・服装復元

 高 田 装 束 研 究 所
 (高田装束研究所は高田装束株式会社の附属研究機関です)

 東京都中央区銀座8丁目14番9号
 電 話 03(3541)1107
 FAX 03(3541)1108


 http://www.takata-courtrobe.co.jp
  
 東京・銀座 高田装束株式会社製作 古典有職織物製品
 
研究所 宮廷装束 T0Pページ
 古典装束(歴史的服装、調度)の復元製作
 博物館委嘱による展示歴史的服装、調度の復元製作
 博物館委嘱による展示歴史的衣服の修補ほか
 古典衣服の着装解説講演
 古典衣服の展覧会ほか展示監修
 古代空引機による正倉院錦の復元製作
 服装史、染織史の研究に関する図書の出版、販売
 高田装束研究所の業績
 宮中内蔵寮御用装束調進方 高田家について

 お断り お電話でのご質問など個人的ご指導はいたしておりません。
 Copyright(c)
 The Takata Institute of Japanese Imperial Classical Costume
 All rights reserved

 このホームページの内容を無断で複写複製することは、著作権の侵害となります。